ECサイトを自分なりに構築してみよう

ECサイトの意味とはどのようなことか

ECサイト構築法 ECサイトはインターネット上の独自運営をしているウェブサイトのことであり、自社の商品を販売するサイトのことをいいます。
ECは英語でElectronicCommerceの略であり電子商取引という意味があり、インターネットを通じて運営しているショップになります。
自社商品を扱うショップになりますが、複数の企業や個人が一箇所で出店する電子商店街とは意味が違う点にも注意する必要があります。
またECサイトは独自運営であるが故のメリットとデメリットがあるため、それらを理解したうえでECサイトを運営する必要があります。
主なメリットとしては販売元が明確なため信頼されやすい点や商品やサービスの提供をある程度までは自由に行なえること、マーケティング戦略を行なうことが楽であることがいえます。
反対にデメリットとしてはウェブサイトを構築するために時間がかかりかつその維持費もあることや、提供する商品などの種類において電子商店街のような大型なものには劣ること、価格競争が発生しやすい点があります。

ECサイトの信頼性を高めるのにイメージは重要

ECサイトを作る場合は、全体のデザインが醸し出すイメージも大切になります。
価格だけを見て購入先のECサイトを選ぶ人も少なくありませんが、インターネットで商品を購入するのに慎重な人は、ここで商品を購入してもちゃんと届くだろうかといった信頼性を大事にするからです。
その信頼性を高めるのに役立つのがイメージで、たとえば文字しかないような無骨なデザインのショッピングサイトよりは、センスのいいロゴやきれいな写真で構成されたサイトの方が、きちんと運営しているという評価を得やすくなって購入先として選んでくれる人が増えるわけです。
なので、予算があればWebデザイナーに頼んでデザインを作ってもらうのが一番いいですが、もし予算がないという場合は、デザイナーが自己宣伝のために無料で配布しているテンプレートや、カメラマンが運営している画像素材サイトなどを利用して、クオリティの高い素材を集めて構築するようにしましょう。